勉強会(腰痛予防)

こんにちは重山です。

 

先月の勉強会の様子をお届けします!(^^)!

先月の勉強会は事故予防と腰痛予防を行いました。

以前、事故予防の方はブログに上げさせて貰っているので、今回は腰痛予防の様子を

書いていきます(^^

 

 

私、重山と西田さんで担当させていただきました☆

まず、腰痛予防のためノ−リフティングケアを学びに、高知県まで研修へ

行かせていただいたため、ノ−リフティングとは?から説明させて貰いました。

 

 

ノ−リフティングケアとは、、、

介護する側・される側双方において安全で安心な「持ち上げない・抱え上げない・引きずらない」ケアをノーリフティングケアと呼びます!(^^)!

安全で安心な介護・看護を提供するためには、

身体の間違った使い方を無くし、対象者の状態に合わせて福祉機器や用具を有効に活用し取り込むことが必要です!!後々、福祉用具を使っていきます♪

 

 

ノーリフティング=福祉用具ケアではありませんが、福祉用具ケアは誰にでもできて、

しかも早く習得が可能な、双方に負担のないケア技術でありノーリフティングケアには

欠かせないものです。

 

少し長くなってしまいましたが、

実はオーストラリアが発信なんですね!

オーストラリア看護連盟(ビクトリア州)が看護師の腰痛予防のために1988年頃から提言したもので、危険や苦痛を伴う人力のみの移乗を禁止し、患者・利用者の自立を考慮した福祉用具使用による移乗を提言したもので、危険や苦痛を伴う人力のみの移乗を禁止し、患者・利用者の自立を考慮した福祉用具使用による移乗介護を義務つけるものです!

 

 

そのため日頃からオーストラリアでは荷物の抱え上げでも

ます、足を使ってどんな重さか予測し、だいたい把握した上で、つま先から膝、膝から太もも、太ももから荷物を体に密着させた上で抱え上げられています。

 

 

 

         

 

 

知っていますか?日本においても、人力の抱え上げは禁止されています!!

平成25年に国の腰痛予防指針が改正され、『人力での抱え上げは、原則行わない。リフトなど福祉機器の活用を促す』ことが明示されました。

以前、腰痛に関しては個人の管理・責任から、最近では、施設がスタッフの身体を守るといった体制に変わってきているみたいです☆!(^^)!

 

と説明をさせていただき、

普段の中でいかに腰への負担がかかっているのか実際に体験してもらいました!

 

 

        

     

 

 

ます、椅子を持ち上げてもらいました。

普通に持っているだけで腰への負担はかかってきます。

 

 

        

 

 

 

少し分かりづらいですが、右奥のスタッフが前に突き出し、自身の身体から離れた状態で椅子を抱え上げでもらっています。

身体から離れる程、腰への負担は増加されていきます。

基本、両肘を脇に引っ付け、両手を伸ばした範囲を超えると腰へ負担がかかってくると言われています。

 

 

一番、腰への負担が少ない持ち上げは

 

 

        

 

 

 

写真のように、一番重たい場所を下に傾け、体に密着させるのが良いみたいです!(^^)!

実際に椅子を使ってやってみると負担の差を感じられるとおもいます。

 

 

また、目線を下にさげただけで中腰姿勢への傾向であり、体・腰への負担になってきます。極力、目線を下げないのも大切です

 

 

 

その後、福祉用具を説明していきました。

スライングシート

 

 

        

 

 

 

自身の方にお客様を引き寄せています。

中腰になって腕の力で引くのではなく、足を上下・横移・前後で動かし介助に当たっていきます。そのため上半身は動かしません(^^)/

 

 

          

 

 

 

画像のように頭も並行移動です(水色マーカー)

山型になるのは禁止です(黄色マーカー)

 

 

        

 

 

 

対象者を奥へ移動です。

 

 

        

 

 

 

対象者をベッドの上へ引き寄せています。

 

 

グローブ

 

 

 

       

 

 

対象者を自身の方へ引き寄せです

その際、両肘をできるだけ引っ付けます。

手のひらで対象者の一番圧が掛かっている所(体の重たい所)

肩甲骨付近に入れ、自身の方へ引き寄せます。

その後、臀部(仙骨部)に手を入れ引き寄せていきます。

2回に分けて移動していただきます。

 

 

 

       

 

 

対象者を奥へ移動です。

 

 

同じく、肩甲骨・臀部(仙骨部)に手を入れていきますが、対象者を奥へ移動する際には、手の甲を入れますよ。

グローブは、肩甲骨・臀部(仙骨部)の2ヶ所、2回に分けて移動を行っていきますので、最初に対象者の両足を移動する方向へ置き直し、顔も方向を変えてからになります!これをやらないと、両足・頭は置き去りのまま、背中とお尻だけ動いて、くの字になってしまいます。

 

 

説明後は

実際、介助される側・する側を体験してもらいました

 

 

 

   

 

   

 

   

 

   

 

         

 

 

 

介助する側にもされる側にも負担が少なかったみたいです♪

また、簡単に習得し使用してもらいました☺

他部署の方にも実際やってもらえてうれしかったです!(^^)!

 

 

では、次回、元気館さん、日本ケアリフトサービス株式会社さん

協力の元、介護器具を実際使っていきます!(^^)!

また、ブログにあげていきます☺

 

                            介護課 重山 裕香

 

 

 

 

スタッフブログ   2019年01月07日

 謹賀新年

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

 

オレンジ荘

スタッフブログ   2019年01月01日

 施設見学

平成301211日(火) 施設見学に行かせていただきました。

見学先は生野区にある、『ココナラ巽』様、『特別養護老人ホーム夢の箱勝山』様です。

まず初めに、ココナラ巽様にお邪魔させていただきました。

第一声は「とにかくおしゃれ!!」と思わず言ってしまいました。(笑)

オレンジスタッフは圧倒され、外観を撮影し忘れる始末。申し訳ないです。

 

 

お邪魔させていただくと、広報室長の山本様と職員さん達にお出迎えいただきました。

ありがとうございます。

 

 

早速、紹介して行きたいと思います。

1階は、通所リハビリテーションになっており、食事、リハビリ、入浴、地域の方もご利用できるクリニックが併設されています。

 

 

それでは館内ご案内です。

 

 

   

 

     

 

 

こちらでは、ゲスト様(お客様)が新聞を読んでくつろがれていました。

 見るからにいい家具を使ってますねぇ!!家にも欲しいです。

 

 

こちらでは職員さんが食器の片付けをされていました。

 

   

 

 

 

    

 

上の写真は応接室です!椅子の座り心地抜群でした!!欲しいー!!

 

机の上に置かれている物が気になっていませんか?

 それは、今日の昼食のメニューです!

    

 

 

 当日は月に一度のお刺身の日、絶対美味しいでしょ!!

 なんと、食器は自社で作られているとのことです!

 こだわっていますねぇ!だんだんお腹が空いてきました。

次行きます!

 

2階は、ゲスト様が楽しんでトレーニングができる空間になっています。

(地域の方もご利用できます。)

 

    

 

 まさにフィットネスジムですね!

 

   

 

 

 

    

 

 

3階・4階は、ショートステイで使われております。

ショートステイでは、ゲスト様の健康回復をコンセプトにされ、一流ホテルのサービスを提供されています。スタッフの制服もホテルマン仕様でした。

職員さんの優しい笑顔も、ゲスト様皆様が、ニコニコと穏やかな笑顔で私達を迎えてくださり、とても嬉しく思いました。

 

 

     

 

 

 

     

 

       

  

 

 色合いが落ち着く色を使用されているので、過ごしやすいと思います。

 

 ゲスト様のお部屋にお邪魔しまーす!

 

 

       

 

        

 

 清潔感があるのがいいですね!

 ホテルに泊まっている気分になります!

 

          

 

  ここまでしていただき有難う御座いました!!

  見学だけではありましたが、すばらしかったです!!

 

  

 

 

次は『特別養護老人ホーム夢の箱勝山』様にお邪魔させていただきました。

リハビリメインのユニットタイプ型施設になっております。

 

                 

 

 行ってきまーす!!

 

                

 

 

              

 

               

 

 

 全階は北町会と南町会に分かれています。

 各階クリスマスの装飾されていました!綺麗でしたよ!

 

ご入居者様のお部屋ですが、

生野区は、戦後の街並みが多く残っているので、ご入居者様のお部屋の造りは、親しみやすい様に「和」をモチーフにされています。

入浴設備では、ご入居者お一人様専用で入浴が出来る設備になっており、スタッフはマンツーマンで対応されています。入居者様のプライバシーやごゆっくり入浴されることを大事にされています。

 

             

 

             

 

         

 

 

親しみやすく、暖かい雰囲気に感じました!

 

               

 

ご利用者様お一人専用のお風呂です!

周りに気を使わなくゆっくりとお湯に浸かれますね!

お風呂好きな方は特に喜ばれると思います!

 

 

       

 

オレンジ荘は従来型の特養ではありますが、夢の箱様のご利用者様に対する思いやりの心、より良いケアの提供、地域の方との交流、様々な考え方を学ぶことが出来ました。

 

今回の施設見学で学んだことをすぐにでも取り組めること、活かせることをスタッフで考えお客様のケアの見直しや地域との交流、スタッフが働きやすい環境を作っていける様、精進して参りたいと思います。

 

この度、ご協力いただいたココナラ巽、特養夢の箱勝山職員の皆様方、大変お忙しい中お時間を作っていただき誠に有難うございました。

また今回の施設見学をご了承いただきました川西本部長様、コーディネートしていただきました山本広報室長様、本当に貴重な体験をさせていただきありがとうございました。

 

 

                                    介護課

 

 

 

スタッフブログ   2018年12月31日

 手作りほかほか豆腐

こんにちは、オレンジ荘栄養士の柴田です。

ぐっと寒くなりましたね!

朝の通勤中に、車の窓があまりに汚かったので、

何気なくウォッシャー液を出したら、

一瞬で凍ってスモークガラス状態になり、ビビりました。

 

 

そんな寒さの中の救世主がこちら

 

       

 

豆腐製造キットさんです。

 

 

このマシンに特注の豆乳とにがりを入れてうまくかき混ぜて、スイッチさえ押せば、

 

      

 

ご覧の通り、

プルプルほっかほかの豆腐が、ものの15分で出来上がるのであります!

 

 

デイサービスのお客様に、このできたてのお豆腐を召し上がってもらいました。

 

     

 

そしたら…あっという間に

 

     

 

ペロリ!と、この状態です(*^_^*)

     

 

「おいしかった〜」と空っぽのお皿を見せてくれました♪

 

 

お客さまから、「どんな出汁を入れたの?」と尋ねられたので、

豆乳とにがりだけですとお答えしたら、すごくびっくりされました。

豆乳が濃厚なので、味付けしているのかと思われるくらい味がしっかりしています。

試食で自分が食べてすごくおいしかったので、

是非お客様にも食べてもらいたいと思っていました。

無事、喜んでもらえてよかったです。

 

 

また食べたいとリクエストもいただいたのですが

完全に、豆乳と豆腐製造キットのおかげです…(>_<)

この柴田、豆腐製造キットのスイッチを押すくらいのことしかできませんが、

この冬は、隙あらばまたスイッチを押して、

ほかほかお豆腐を召し上がってもらいたいです…^m^

 

 

スタッフブログ   2018年12月26日

 11月29日勉強会

こんにちは☆

重山です。

 

 

1129日勉強会を行いました

事故・腰痛予防を介護課で担当させていただきました!

 

 

事故予防は辻元主任・明石主任が担当です

いつもみたく、イラストを使った危険予知トレーニングではなく

OJT研修で教えて頂いた、伝え方のゲームを行いました

以前、B2フロア会議でも行った様子をブログにUPしているため

ご存知の方もおられるとは思いますが、今回は、他部署も含め行っていきました!

また、やろうと思ったきっかけは、他部署のスタッフからB2の会議のブログをみたよ〜と

言って頂ける声もあり、その際、このゲームを見た方から勉強会でも是非やってよとリクエストもあったため、やらせて頂けることになりました☆☆

 

 

他部署それぞれ椅子へ着席後

前後向き合ってもらいゲームスタートです。

後ろの席のスタッフに配っている用紙に丸・三角・四角を好きに記入してもらいました

で、書いた絵を前の席のスタッフに言葉のみ、ジェスチャーなしで伝えてもらい

同じように絵を描けるかのゲームです☆

 

 

       

 

 

 

 

 

右側のスタッフが好きに、丸・三角・四角を記入です!

 

 

では説明スタートです!

 

 

 

  

 

 

 

 

  

 

 

 

         

 

 

 

 

 

皆さん楽しみながら一生懸命、相手に伝わるよう説明されています

 

 

       

 

 

 

結果↓

 

  

 

  

 

 

 

すごいですねっ!

伝え方が上手で、書かれるスタッフもうまく質問していました☆

 

ちょっと!ん?笑

 

  

 

           

 

 

 

めちゃめちゃへたくそですね!笑

 

 

そしてこれはすごい☆☆

 

       

 

 

 

丸・三角・四角に数字の文字が記入されています。

 

説明をあえて行わなかったんですが、実は配った用紙には

しっかり升目があったんです!それに、気づいた方は升目を活用し

相手に伝えていましたよ☆

 

と、こんな感じで楽しく「伝える大切さ」をゲーム形式で楽しんでもらいました。

 

事故発生時には他部署への報告・上司への報告が必ずあります。

事故を予防・再度同じような事故をなくすには

しっかり「伝える」「相手が理解する」大切さを知って頂けたかなと思います。

 

そしてこの後はいよいよ

高知に研修へ行ってきた成果を見せる時です☆

腰痛予防は私、重山と西田さんで担当をさせて頂きます。

その様子を次回、ブログにUPします!

お楽しみに☆☆

                              介護課 重山 裕香

 

 

 

 

スタッフブログ   2018年12月24日

ページ : 01   02   03   04   05   06   07   08   09   10   11     >> 次へ