6月13日OJT研修の内容は

613OJT研修の内容は

ICF・介護過程について勉強を行いました

また、例の前田あきらさんモデルにアセスメントも記入していきました。

 

前田あきらさんの情報を元に

 

 

             

 

 

 

 

ICFモデルを参考にし記入していきました(^^)

 

 

                  ICFモデル↓

 

         

 

 

 

1枚の前田あきらさんの情報で

これだけの大切な情報を書き出せましたよ

 

 

 

 

            

 

 

 

アセスメント1枚でみんなが見てもどんな方か想像もつきやすく、

どんな介助をすればいいのかなどもわかりやすいですね♬

また、このアセスメントを元に今度、

どうゆう援助方法・関わり方をしていくのか

みんなで話すのにとっても役に立ちますね(^^

 

ICFモデルについてですが、相互作用とは、互いに働きかけ影響を及ぼすと言われています。人は6つの構成要素が相互作用しながら、生活しているので、ICFモデルではそのことを表現するために、6つの構成要素すべてが双方向の矢印でつながっています。

6つの構成要素がすべて双方向でつながっているということは、6つの構成要素のうちどれか1つに変化が起これば、他の5つの構成要素も変化する、すなわち、すべての構成要素が相互作用して変化するということです。(未来ケアセミナー 研修テキスト引用)

 

 

簡単に言いますと、例えば、お客様の不眠・徘徊などの行動に対して

対応に困っている。

じゃなぜ、不眠や徘徊をするのだろう?と

その原因をやみくもに考えるのではなく、

このICFモデルにお客様の情報を入れます。

では、そのお客様の全体像が想像つき、

不眠や徘徊といった原因が特定しやすくなります。

何か1つ問題が起きても、改善策が出やすく、

的外れな改善策や対応にはなりにくいですね (^^)

 

なので、事故が続いているお客様

大きな事故になりそうなお客様をピックアップし

フロア会議で、このICFモデルにお客様の情報を入れたいなと思っています(^^)

 

なぜ転倒が減らないのだろう

なぜ、徘徊するのだろう、いつか転倒してしまう。

などの改善策を的外れにならないよう

そのお客様の全体像を把握し話し合いたいなと思います(^^)/

 

本当に事故を起こしてしまうと、メンタルのダメージがきます。。

痛い思いさせてしまった!と。

 

自分の介助ミスなら尚更です。。

自分のスキルの低さや後悔。。ダブルダメージです。

ただただ、申し訳ないなと、、、

しかし、お客様が痛い思いをした分、そこで終わるのではなく

私たちは

新たな介助方法・危険予測・などのスキルを上げるきっかけでもあります。

事故を起こしてしまった分、私たちが成長しないと本当に痛い思いをさせてしまっただけで、申し訳ないことです。

 

なので、同じ事故は2度も起こさない!

1度の事故で、しっかり重く考え、正確な改善策を生み出し対応していきます。

 

IICFモデルの活用をします。

                             介護課 重山

 

 

 

スタッフブログ   2018年07月06日